犬 脱腸 治し方

犬の鼠径ヘルニアによる脱腸の症状の治し方

スポンサーリンク

鼠径ヘルニアは人間だけでなく犬もかかる事があります。
鼠径ヘルニアとは、太ももや足の付け根である鼠径部分から、お腹の中にある臓器が飛び出し脱腸してしまうことで発症します。
犬の鼠径部分には、足へ栄養や神経などを運ぶための小さな穴が開いているのが特徴です。
鼠径ヘルニアはこの穴の部分から脱腸することにより発症してしまいます。
この穴が先天的に大きいことや、内部や外部から何らかの刺激を受けることにより、穴が開いてしまい脱腸してしまうのが原因と考えられています。
ですから、どの犬にもこの病気にかかってしまう可能性が高いということを知っておくとよいでしょう。
この病気は完全に内臓が飛び出る前に、鼠径部が膨らむというのが特徴です。
前足ではなく後ろ足の付け根部分がいつもより膨れている、腫れているなどといった症状がある場合は疑うことが大切です。
治し方ですが、この膨らみを押し戻すことにより治ることがあります。
これは重症化していない証拠であるため、すぐにお医者さんに診せると軽症で治る事も多いです。

スポンサーリンク

押し戻す治し方で膨らみが戻らなかったり、または熱を持っている場合は重症化している証拠であるため、病院に行くことが大切です。
重症化すると腸閉塞や脱腸、膀胱などが出てきて排尿障害を起こすこともあるからです。
鼠径ヘルニアは犬の成長過程で起こることもあります。
子犬が発症した場合などは鼠径部の穴が成長によって小さくなることもあるため、そのまま経過観察することもあります。
また避妊手術や、去勢手術の際に手術を行う治し方もあります。
別々に手術してしまうと、麻酔を二度行うことになってしまうため、犬の体に負担がかからないように一度で済ませてしまうのです。
手術による治し方の良い点は、何度も脱腸したりヘルニアにかかったりする心配がないところがメリットです。
この治し方には麻酔のリスクがありますが、それを除けば他の病気を防ぐこともできるため有効だといえます。
何度も鼠径ヘルニアで脱腸している、腫れるという犬には手術はもっともよい治し方でしょう。

スポンサーリンク