脱腸 症状 男性 対処法

脱腸の男性の症状と対処法

スポンサーリンク

成人男性が脱腸を発症するということが多くなっています。
脱腸は子供に多い病気と考えられていましたが、最近では成人男性の発症も多くなっています。
脱腸の特徴としては、男性と女性を比べたときには、男性の方が発症する可能性が高いと考えられています。
先天的に発症してしまうということもあります。
年齢と共に筋膜が弱くなるというのが大きな原因となっています。
生活習慣が大きく関係していると考えられている脱腸ですが、生活習慣の中でも食事や喫煙、このほかに飲酒などが症状に関係しているということではありません。
症状が現れる可能性が高いと考えられているのは、お腹に負担のかかる仕事をしているということです。
こうなると弱い鼠径部に負担がかかることになるので、その結果脱腸を発症することが多くなっています。
この他には男性のスポーツ選手の発症が多いと考えられています。
お腹の筋肉が弱くなってくると、立ち仕事をしていても脱腸の症状が現れることがあります。
肥満であったり前立腺肥大なども発症リスクが高くなります。

スポンサーリンク

なぜ男性に多く発症するのかということが気になりますが、ヘルニアの防御機能が備わっているかどうかということが関係しています。
この防御機能に関しては、はっきりとした原因がわかっていませんが、運動不足が一つの原因として考えられています。
それによって足の付け根に膨らみが発生するというような症状が現れるのです。
とくに中年以上の男性にこのような症状が見られるようになっています。
対処法としては、症状を早期に発見するということが大切です。
早期に発見することで、手術という対処法をすぐに行うことができるからです。
主な対処法は手術となります。
しかし対処法といっても、直接縫合やメッシュを使って補強をするという方法があります。
直接縫合という対処法では、再発の可能性が10パーセントと高くなっています。
しかしメッシュを使った対処法では、再発が1パーセント未満となっているので、最近ではこの手術が主流となっています。
まずは医師に相談をするようにします。

スポンサーリンク