脱腸 かんとん 症状 治療法

脱腸によるかんとんの症状と治療法

スポンサーリンク

体の組織が正常なところからはみ出した状態のことをヘルニアといいますが、これが太股の付け根で発生していると言うことになれば、脱腸と呼ばれるようになっています。
脱腸はどのような年齢の人にも発症する可能性があります。
したがって違和感があるという場合には、できるだけ早く病院を受診する必要があります。
脱腸とは、本来であればお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が皮膚の下に出てくる状態となります。
脱腸は下腹部の病気と言うことになります。
子供の病気と考えられていますが、大人に多いという背景があります。
手術という治療以外には完治させることができません。
しかし治療に関しては、痛みもなく短期間の入院で治療をすることができます。
脱腸では体にどのような症状が現れるのかが気になります。
初期症状としてはそれほど大きな痛みを感じると言うことはありません。
初期症状としては、立ち上がってお腹に力を入れたときに、鼠経部の皮膚の下に、腹膜や腸の一部が出てくると言うことになります。

スポンサーリンク

このような症状が現れても、手で押さえればすぐに引っ込むようになっています。
太股や足の付け根に何かが出てくると言うような違和感があります。
これはお腹の中から腸が出てくると言うことなので、脱腸と呼ばれるようになっています。
その後時間の経過と共に小腸などの臓器も出てくるようになっています。
不快感や痛みなどの症状が強く表れるようになっています。
症状がひどくなってお腹が痛くなって吐くこともあります。
これをかんとんといいます。
症状が重くなるとかんとんが現れるようになっています。
かんとんが現れたときには注意が必要になります。
かんとんが現れたときには、命に関わる危険性があるので、治療法としては手術が必要となります。
かんとんでは、腸が壊死する危険性があります。
したがって治療法としては病院をすぐに受診するようにします。
かんとんの際の治療法は外科的手術となります。
はみ出した部分をお腹の中に戻して出口を塞ぐという治療法となります。
医師が処置をしても元に戻らない場合は、治療法として緊急手術が行われています。
適切な治療法を行うことが必要です。

スポンサーリンク