鼠径ヘルニア 手術後 違和感

鼠径ヘルニアの治療と手術後の違和感

スポンサーリンク

ヘルニアというと腰を思い浮かべますが、鼠径ヘルニアといって腸の一部が皮膚の下に飛び出る病気があります。
そもそもヘルニアという言葉は「あるべき場所から飛び出す」という意味です。
鼠径ヘルニアは、鼠径という足の付け根から太股付近の部位において、腸があるべき場所から飛び出すということになります。
脱腸とも呼ばれますが、こちらの方が馴染みある言葉かもしれません。
初期症状では柔らかい膨らみができて、指で押せば引っ込みます。
痛みはなく命に関わる病気ではないですが、放っておくのは厳禁です。
悪化すると膨らみが硬くなって指で押しても戻らなくなり、嵌頓という状態になります。
嵌頓状態になると腸が詰まって腸閉塞に陥ります。
また、腸が締め付けられて血液が流れなくなり、腸の細胞が死滅し命に関わることもあります。
重篤な事態になる前に、十分に経過を注意して観察する必要があります。

スポンサーリンク

鼠径ヘルニアの治療は、手術を行うしかありません。
一昔前では、皮膚を切開する方法が主流でした。
飛び出してくる部分を切除し、再び飛び出してこないように筋肉や皮膚で蓋をします。
筋肉や皮膚を無理やり引っ張って蓋をするので、手術後に突っ張り感などの違和感がすることがあります。
そのため、手術後は安静期間が必要となります。
また、再発しやすいというデメリットもあります。
最近では、内視鏡で手術を行うことが主流となっています。
この手法では、お腹の3か所か5か所程度穴をあけて、カメラや鉗子を入れて行います。
腸が飛び出して弱った部分に人工補強材を貼り合わせることでヘルニアを治療します。
手術後は突っ張り感などの違和感もなく、早期の社会復帰が可能です。
また、再発率が低いこともメリットです。
退院後は座り仕事などは可能ですが、数日は休養を取った方が良いです。
運動などの体に負荷がかかる動きは避けましょう。

スポンサーリンク