脱腸 手術 痛み 症状 仕事復帰

脱腸の手術の痛みの症状と仕事復帰までの療養期間

スポンサーリンク

脱腸という病気がありますが、これは小さな子供から大人までさまざまな年齢で発症すると考えられています。
その中で腹膜が弱くなる中年の人にたくさん発症すると考えられています。
トイレで力んだ後に、足の付け根に膨らみが発生しているというようなときには、脱腸の可能性があると考えられています。
放っておいても自然治癒することはないので、脱腸の治療に関しては、手術が必要になるのです。
脱腸に関しては、運動や薬、このほかには食事療法を行っても治ることはありません。
手術を行うことでしか治療をすることができないというのが大きな特徴となっています。
なぜこのように脱腸が発生してしまうかについては、加齢によって筋肉が衰えることが関係しています。
どのような症状が現れるようになっているのかというと、足の付け根に膨らみを感じるようになります。
この膨らみを押すと、元に戻るというような状態が初期症状となります。
しかし放っておくと、押しても元に戻らないというような症状になります。

スポンサーリンク

放っておいても治ることがないので、脱腸を悪化させないためにも手術を受ける必要があります。
手術に関しては痛みの症状がないのか心配になる人がいます。
異常があればすぐに医師に相談することが大切です。
しかし痛みや時間が気になります。
このほかに仕事復帰をすることができるのかも気になります。
手術時間に関しては、種類によって違いがありますが、腹腔鏡でも切開であっても日帰りが可能というところが多くなっています。
腹腔鏡の場合は痛みの症状が少ないという特徴があります。
数ヶ月で傷跡がわからない程度となっています。
全身麻酔が切れると日帰りが可能です。
したがって仕事復帰までの期間も短くなっています。
ただし、その場合も、術後3日ほどで普通の生活に完全に戻ることは難しく、1週間は療養期間が必要になります。
切開という方法がありますが、麻酔が軽く済むようになっています。
しかし切開をするので痛みの症状が少し強くなっています。
したがって症状を緩和させるために痛み止めが処方されるようになっています。
手術を行ったあとの仕事復帰に関しては、2日から3日は安静にしておくようにします。
これで痛みなどを軽減されます。

仕事復帰に関しては、本人の体調に左右されます。
2日後から仕事復帰をすることができる人も中にはいますが、最低1週間は療養期間が必要となります。
また、仕事復帰の際はしばらくは激しい運動を避けるようにすることが大切です。

スポンサーリンク