赤ちゃん 脱腸 戻し方

赤ちゃんの脱腸の戻し方

スポンサーリンク

生まれたばかりの赤ちゃんでも、体に何らかの異常が発生することがあります。
体のさまざまなところがまだしっかりと発達していないということで、このようなトラブルが発生する可能性が高いと考えられています。
その中で赤ちゃんの脱腸というものがあります。
大人でも脱腸を発症することがありますが、赤ちゃんの脱腸に関しては、意外と多いと考えられています。
普段あまりなじみがない脱腸ですが、赤ちゃんには次のようなものが多いと考えられています。
それは臍ヘルニアというものになります。
これは大泣きをしたときにおへそが膨れてくる状態となっています。
腸が皮膚の下に飛び出している状態となります。
これは脱腸と考えられていますが、赤ちゃんの場合戻し方が気になります。
このような赤ちゃんの脱腸の戻し方に関しては、生後1ヶ月頃までに自然治癒すると考えられています。
お腹の筋肉が鍛えられることで、80パーセントから90パーセントは自然治癒すると考えられています。

スポンサーリンク

しかし症状が長く続いて、皮膚が伸びてしまうということがあったり、脱腸の症状が治らないという場合には、適切な戻し方が必要になります。
この場合の戻し方に関しては、外科的な治療を行うという方法になります。
この場合病院を受診して、医師に相談をするようにします。
この他に考えられるものとして、鼠径ヘルニアがあります。
足の付け根の皮膚の下に、腸が出てきてしまう病気となります。
1歳までに自然治癒することもありますが、症状が続く場合には治療が必要になります。
戻し方は手術を行うということになります。
成長をして筋肉が発達することで、症状が治まる場合もありますが、大人になってから筋肉が衰えてしまうと再び発生するケースがあります。
戻し方としては手術が行われていますが、最近では腹腔鏡を使った手術が広く行われるようになっています。
これで体に与える負担を少しでも少なくすることができます。
治療の前にはしっかりと説明を聞くようにします。

スポンサーリンク