脱腸 治し方 原因 症状

脱腸の症状や原因と治し方

スポンサーリンク

脱腸という病気があります。
これはどのような症状が現れたり原因が何かと言うことが気になります。
脱腸とは、太股や足の付け根の周辺に、軟らかい膨らみが発生するという病気となります。
脱腸は鼠径部の筋膜の間から、皮膚の下に小腸が出てくるという症状となっているので、このような名前で呼ばれています。
脱腸の膨らみに関しては個人差があります。
触ると軟らかく感じることがありますが、初期症状としては、指で押したり体を横にするとすぐに引っ込むようになっています。
しかし症状が悪化すると、腸閉塞や腹膜炎を発症してしまうので、しっかりと原因を特定して治療をすることが必要になります。
なぜ脱腸が発生するかの原因が気になります。
原因としては、加齢などで筋膜が弱くなっていると言うことが考えられています。
加齢が原因で筋膜が弱くなり、鼠径管の入り口がゆるくなって隙間が広がります。
ここが袋状になって、この隙間から腹膜が出てくるようになってしまいます。

スポンサーリンク

脱腸ではどのような症状が現れるのかというと、初期症状としては、立ち上がったりお腹に力を入れたときに、足の付け根部分が膨らむようになっています。
この膨らみは手で触ると消えるようになっています。
このときに軽い痛みや突っ張るというような症状を感じることもありますが、強い痛みはほとんどありません。
この膨らみの原因は、腸や腹膜と言うことになります。
治し方が気になりますが、治し方は薬や自然治癒をすることはありません。
したがって治し方としては手術を行うことが必要になります。
手術による治し方と言っても、直接縫合やメッシュを使った縫合がありますが、最近主流の治し方としては、メッシュを使った方法となります。
この治し方は、皮膚を引っ張るという違和感がないので、多くの人に利用されています。
とくに高齢者に利用されている治し方となっています。
最近では入院の必要がなく、日帰り手術が可能な病院も多くなっています。
仕事復帰もすぐにできます。

スポンサーリンク