鼠径部 だるい 原因 鼠径ヘルニア

鼠径部がだるい原因は鼠径ヘルニア?

スポンサーリンク

鼠径部は、下腹部のうち足の付け根に近い部分にあります。
この部分に違和感があり、だるい場合には、鼠径ヘルニアが原因となっていることがあります。
鼠径ヘルニアとは、腸が鼠径部から飛び出してしまっている状態です。
腸は通常はお腹の筋膜によってしっかりと押さえられているのですが、その筋膜が鼠径部で裂けてしまうと、中から腸が押し出されてくるのです。
すると鼠径部はポッコリと膨らんだような状態になり、それによりだるいという症状が出やすくなるわけです。
したがって、鼠径部がだるい場合には、まずは目で確認してみることが大事です。
反対側の鼠径部と比較して明らかに膨らんでいる場合は、鼠径ヘルニアが原因という可能性が高いため、病院を受診する必要があります。
鼠径ヘルニアは、放置しておくことで嵌頓(かんとん)ヘルニアの原因となってしまうこともあり、危険だからです。
具体的には、飛び出た腸が出口付近で締め付けられて血流が悪くなり、それによって腸の働きが止まってしまうのです。

スポンサーリンク

この場合は、だるいといった症状に加え、嘔吐や激痛も生じるようになります。
生命が危険となることもあるので、これを回避するためにも鼠径ヘルニアは、早めに治療することが大事とされているのです。
初期のうちは、指でお腹の奥に押し込むことで、腸は元の位置に戻ります。
しかし原因となってる筋膜の裂け目を塞がなければ、何度でも腸は飛び出てきますし、だるい状態は続きます。
そのため、悪化しないうちに治療を受ける必要があるのです。
治療は、筋膜を塞ぐ手術によっておこなわれます。
具体的には、鼠径部を小さく切開し、そこから腹腔鏡を挿入して内部を確認しながら、筋膜の裂け目にメッシュシートをかぶせるのです。
原因がなくなることで、腸は飛び出さなくなりますし、だるいという症状は出にくくなります。
もちろん陥頓ヘルニアのリスクも少なくなり、腸も生命も守られやすくなるのです。
ただし鼠径ヘルニアは重い荷物を持つなど、お腹の筋膜に負担を与えることが原因となっています。
そのため治療後は、再発を防ぐために、筋膜に負担を与えないように生活することが必要となります。

スポンサーリンク