鼠径ヘルニア 手術後 運動

鼠径ヘルニアの手術後の運動は可能?

スポンサーリンク

最近鼠径ヘルニアという病気を発症している人の数が多くなっています。
したがって非常に身近な病気として考えられています。
子供に多く発症すると考えられている鼠径ヘルニアですが、子供の場合1歳未満に発症すると言うことになれば、自然治癒する可能性があると考えられています。
しかし1歳を超えても症状に改善が見られないという場合には、手術をする必要があります。
鼠径ヘルニアの治療で行われている手術に関してですが、以前から行われていたのが直接縫合ということになります。
これは穴の開いた組織を縫合するという方法になっていますが、組織を無理矢理引っ張ることもあるので、術後に痛みを感じる人も多くなっていました。
再発の可能性も高いと考えられています。
鼠径ヘルニアで最近行われている方法は、穴の開いている部分を人工補強剤で塞ぐというものになっています。
再発率も低く、これが主流となっています。
鼠経ヘルニアの手術後には注意をしなければいけないことがあります。

スポンサーリンク

鼠径ヘルニアの手術後は、患者自身が注意をしなければいけないことがあります。
それは手術後に再発をしないように心がけるということになります。
鼠径ヘルニアの手術が成功をしても、発症する前と同じような生活を送ってしまうと、再発の可能性が高くなるからです。
したがって手術後はこの点に十分に注意をします。
太股の付け根部分の筋肉や筋膜が、年齢と共に弱くなって、そこに力を入れると腹圧が高くなることが原因となっています。
このように筋肉が弱くなっているということが原因なので、手術後に運動をする人がいますが、運動でも強いものを行うと逆効果です。
手術後に運動をすると、再発の可能性が高くなります。
再発を防ぐために手術後に大切なことは、生活習慣の改善になります。
運動をすることも大切ですが、肥満や便秘や喫煙などの原因を取りのぞくようにします。
激しい運動はしないようにし、自分の体の状態にあった適切な運動を行うことが基本となります。

スポンサーリンク