鼠径ヘルニア 症状 初期

鼠径ヘルニアの初期症状

スポンサーリンク

鼠径ヘルニアという病気があります。
鼠径ヘルニアはどのような病気であるかしっかりと理解している人が少なくなっています。
鼠径ヘルニアとはどのような病気となっているのかというと、本当はお腹の中にある腹膜や腸の一部分が、鼠径部の筋膜の間の皮膚の下に出てくる状態となっています。
これは下腹部の病気というように考えられています。
したがって病院の外科を受診して治療をするというようになっています。
鼠径ヘルニアは、脱腸と呼ばれることもあります。
どのような人が発症するのかというと、鼠径ヘルニアは40代以降の成人男性に多く見られるようになっています。
治療に関しては、手術を行うというのが一般的です。
この病気には初期症状があります。
この初期症状が現れたときには、迷わず病院を受診するようにします。
初期症状の段階で適切な治療を行うことで、回復が早くなります。
便秘であったり肥満体型、このほかには前立腺肥大というような症状を持っている人は、鼠径ヘルニアの発症の可能性が高いと考えられています。

スポンサーリンク

なぜこのような症状が現れるのかというと、それは加齢によって筋肉が減少してしまうからです。
運動不足などが原因となって、筋肉の緩んだところから腸が飛び出すようになってしまいます。
初期は症状が軽くなっていますが、初期の段階では日帰り手術を行うことができます。
初期の場合、腹腔鏡を使って手術が行われるようになっているので、体への負担も少ないと考えられています。
鼠径ヘルニアの初期症状は次のようになっています。
それは立ち上がったときやお腹に力を入れたときに、鼠径部の皮膚の下から腹膜や腸の一部分が、軟らかいこぶのように外から見えると言うことです。
この後に小腸などの臓器まで出てくるようになってくるので、不快感があったり痛みを伴うと言うこともあります。
急に腫れてきたり、指で押さえても引っ込まないという場合には、腹痛や嘔吐などの症状があらわれます。
このような状態になった場合は、すぐに病院を受診する必要があります。

スポンサーリンク