鼠径ヘルニア 何科 病院 受診

鼠径ヘルニアは病院の何科を受診する?

スポンサーリンク

鼠径ヘルニアとは、本来、お腹の中にあるはずの腸や腹膜の一部が、何らかの原因で太ももや足の付け根の皮膚の下に飛び出してくる病気です。
症状としては、太ももや足の付け根に何か出てくる感じがあり、触ってみるとぷっくり柔らかく腫れている事が多いです。
指で押さえると、引っ込んでしまうので、そのまま放置してしまっている方もいます。
しかし、やがて膨らみが大きくなり、軽く痛みを感じたり、指で押さえても引っ込まなくなってしまう事もあるので注意が必要です。
飛び出した腸が詰まってしまったり、腹膜が炎症を起こしたりすると命にかかわり、大変危険です。
鼠径ヘルニアに気づいたら、すぐに病院を受診する必要があります。
しかし、病院の何科を受診すればいいのか分からないという方もいるでしょう。
鼠径ヘルニアは、大人の場合、外科が専門となります。
子供の場合は、小児科でも診察してくれます。
近くに外科が無い場合は、総合病院などに何科を受診すればいいのか問い合わせると安心です。

スポンサーリンク

大人の鼠径ヘルニアの多くは、加齢によって内蔵や組織を支えている筋肉が衰える事によって起こります。
大人の鼠径ヘルニアが40代前後から増えてくるのは、このためです。
加齢によって筋肉が衰えると、鼠径部の組織に隙間ができてしまいます。
その隙間から、お腹に力を入れた時などに、腸や腹膜の一部が飛び出してしまうというわけです。
また、常にお腹に力を入れるような仕事に就いている人は特になりやすい病気です。
一度、鼠径ヘルニアになってしまうと、薬で治療することはできず、手術でしか治す事ができません。
組織に隙間ができてしまった部分に、人工の補強材を入れて飛び出してこないようにする手術は、傷も小さく、局所麻酔で済むのでおすすめです。
腸が押しても引っ込まない状態では、まず、飛び出した部分を切除する手術が必要になってしまうので、押して引っ込む状態のうちに手術を受けることが大切です。
何科を受診すればいいのか分らないし、痛みもないので放置してしまっている方は、まず、近所の外科を探す事から始めましょう。

スポンサーリンク