脱腸 手術 失敗 原因

脱腸の手術が失敗する原因

スポンサーリンク

脱腸と言えば、内臓が本来あるべきところからはみ出すため、それをどうにかするには手術が必要だというイメージがあります。
これは一般に成功確率が高いと考えられていますが、失敗することもあります。
では、その原因とは一体何なのかと言いますと、止血の失敗があります。
通常手術をすれば、きちんと止血したかどうかを確認してから傷口を閉じるのですが、どうしても見落としが生じることがあります。
そしてそれが血腫となることもあります。
これは症状が軽ければ、そのままにしても問題はないのですが、症状が重いと、再度手術をする必要が生じます。
なお、その発症の目安としては、最短でそれを受けた日、最長で半月後とされています。
これを避けるためには、細かな予防措置を受けるようにしましょう。
普段から血液をサラサラにする効果を持つ薬を服用していると、それが起きやすくなることも確認されています。
自分の日頃の行いが、脱腸の手術の失敗、その原因に結びつかないように、気をつけましょう。

スポンサーリンク

細菌感染が原因で失敗することもあります。
これはどんな人間の肌にも、細菌がついていることに起因しています。
そのため、どんな場所でも、完全無菌状態で治療を行うことはできないのです。
しかし、その発生頻度は一パーセント以下なので、滅多に起きるものではありません。
発症する時期も最短で数週間、最長で数年後とされており、一定になっていません。
こうなったときの対処法としては、傷口から吹き出している膿を洗うことです。
症状が重篤となれば、再度手術を行う必要がありますが、そこまで悪化することは殆どありません。
手術方法が適切ではなかった、というのも失敗の原因となります。
これは脱腸の治療法が、年齢や性別などにより細かく変わってくることに起因しています。
これはヘルニアが再発した場合の話となるため、今度は別の方法が試されることになります。
このように、脱腸の手術が失敗する原因にも様々な理由があります。
気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク