脱腸 手術 入院期間 費用

脱腸の手術と入院期間、費用

スポンサーリンク

鼠径とは、太ももの付け根の部分のことを言い、ヘルニアとは、身体の組織が本来の位置からはみ出した状態を言います。
鼠径ヘルニア(脱腸)は、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気です。
乳幼児から高齢者まで幅広く分布しますが、特にももの付け根の筋膜が弱くなる40歳以上の男性に多く起こる傾向があります。
中でも立ち仕事をしている人や便秘症・便秘気味の人に多いです。
脱腸になると、長時間立っているのがつらい、息苦しい、時々鋭い痛みが走る、お腹が突っ張っている感じが常にするといった症状が出てきます。
脱腸を長年放置すると筋肉でしめつけられ元に戻らなくなる嵌頓という状態になることがあります。
嵌頓が起きた場合は、緊急手術が必要になります。
成人の脱腸は、自然に治ることはありません。
また、有効な薬物療法や運動療法もなく、手術のみが治せる方法です。
昔は、脱腸の手術は入院期間が長かったのですが、現在では日帰り手術が可能な場合も多くなり入院期間の短縮化がすすみました。

スポンサーリンク

脱腸の手術には、大きく分けて鼠径部切開法と腹腔鏡下術の2種類があります。
どちらとも入院期間は3日程度、中には日帰りもあり、比較的短くなっています。
鼠径部切開法は、文字通りお腹を開きヘルニア嚢を処理する方法です。
最近では人工補強材を使用することが多いです。
人工補強材は、柔らかいメッシュ状のシートで、体への安全性が確認されている素材でできています。
ヘルニアの出口を塞ぐ目的で使用されますが、つっぱり感や痛みが少ない、ヘルニア再発が起こりにくいといった特徴があります。
鼠径部切開法のメリットとしては、麻酔が比較的浅くすみ、目覚めが早く、費用も6〜8万円と比較的安く行うことができます。
デメリットとしては、お腹を開くので回復するまでに時間がかかり、人によっては傷口が残ることです。
腹腔鏡下手術は、お腹を切り開かず、皮膚上に穴を開けてそこから手術器具を差し込んで患部を処置する方法です。
メリットとしては、術中や術後の痛みが少ない、傷口が小さく数ヶ月で傷がわからないくらいになる、社会復帰が早いなどがあります。
デメリットとしては、費用が9〜12万円と高額で、全身麻酔を必要とするために人によっては副作用が出る場合もあります。
また未熟な執刀医が行うと大きな事故につながる可能性もあります。

スポンサーリンク