新生児 脱腸 原因

新生児によく起こる脱腸の原因

スポンサーリンク

脱腸というと大人がなる病気と思われがちですが、実は新生児にも多い病気で赤ちゃんの約20人に一人の割合でかかる可能性のある病気です。
先天的に脱腸で生まれてくる新生児も多く、赤ちゃんの病気ではポピュラーな症状です。
脱腸の正式な病名は「鼠径ヘルニア」といいます。
鼠径ヘルニアとは、太ももの付け根の部分の鼠径部に、腸の一部が飛び出てしまっている症状のことです。
新生児の男児の場合、胎児期に腹膜状突起の中に小腸などの臓器が入り込んでしまい起こるものです。
腹膜状突起は鼠蹊部にできた袋状のもので、通常は閉じているはずのものが、開いたままになってしまい、何らかの原因で臓器が入り込んだまま誕生してしまったものです。
女児の場合はNUCK管という管の中に臓器が入り込んでしまい、鼠径ヘルニアになります。
男児・女児どちらも胎児期にヘルニアになる原因ができあがっていて先天的な疾患となっています。

スポンサーリンク

新生児の鼠径ヘルニアの場合、激しく泣いたりした時に症状が出やすいです。
特徴として、太ももの付け根の部分が膨らんで飛び出たようになる、痛みはないというものがあげられます。
膨らんでいる部分をそっと押すと引っ込んでなくなります。
鼠径ヘルニアは1歳頃までに自然治癒している赤ちゃんもおりますが、それまでに治癒していない場合は外科治療を施すことがいいとされています。
まれに「かんとん」といって、腸がねじれてしまったり、穴がふさがってもどらないという状況が出ることもあり、最悪の場合命に係わる場合もありますので注意が必要です。
また、鼠蹊部の他に、へそが飛び出ている臍ヘルニアという症状もあります。
臍ヘルニアの原因は、赤ちゃんのお腹の筋肉が未熟なため、へそから腸が皮下に飛び出てくるものです。
昔の人はへそに10円玉を張り付けて治したということも言われていますが、今は経過を見ているだけでほとんどの場合1歳頃までには自然治癒するものです。

スポンサーリンク