乳児 鼠径ヘルニア 便秘

乳児の鼠径ヘルニアには便秘予防も重要

スポンサーリンク

ヘルニアとは、本来体内にあるはずの臓器がはみでてしまっている症状のことをさし、椎間板ヘルニア、脳ヘルニアなど全身の様々な部分で起こります。
鼠径ヘルニアは、足の付け根の鼠径部とよばれる部分から小腸の一部がはみ出てしまっている状態で、新生児から大人まで幅広く見られます。
新生児の場合、母親の体内で閉じられて産まれてくるはずの腹膜が閉じられずに産まれてきてしまったため、腹圧によって小腸がはみでてしまい症状が発現します。
足の付け根に柔らかいものが飛び出ていて、おすとグニャグニャしていてへこむこともあります。
飛び出ている部分は戻ったりもします。
男女比は4対1で、男児に多い症状です。
飛び出ている部分を押して戻るようなら問題はないのですが、そのままにしておくと飛び出た部分が圧迫され細胞が壊死することもあるので、早めに手術等の対応をとるほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

乳児に鼠径ヘルニアが疑われたら、まずは受診をおすすめします。
自然と治ることも多いですが、悪化してしまうこともありますし、生活上の工夫や対処法などを知ることで悪化を防ぐことができます。
乳児の様子を見る上で気をつけないといけないのは、腹圧が過度にかからないようにするということです。
具体的には、まず大泣きさせないように気をつけます。
泣くことで腹圧が強くかかってしまうので、おむつの汚れや空腹などは早めに対処するようにしましょう。
次に、便秘にならないように気をつけることも大事です。
便秘になると排便時に腹圧がかかってヘルニアを悪化させてしまいます。
おむつ替えのときには、鼠径部をよく観察することも忘れずにするとよいでしょう。
もし飛び出ていたらそっと押して戻してあげるとよいですが、あまりに泣くようであったり、怖いという場合には病院へ行きましょう。
ただ、こうしたことに気をつけて生活していても、根本的な治療にはならないので、早めの手術を検討したほうがいいこともあります。
医師とよく相談の上決めましょう。

スポンサーリンク