新生児 鼠径ヘルニア 便秘 赤ちゃん

赤ちゃんや新生児に見られる鼠径ヘルニアと便秘

スポンサーリンク

鼠径ヘルニアというのは、いわゆる脱腸と呼ばれる状態のことを指して言います。
加齢によるものもあるのですが、新生児や赤ちゃんに鼠径ヘルニアが見られることも、決して珍しいことではありません。
先天性の場合では、新生児や赤ちゃんのオムツを交換しようした時に見つけることがありますし、後天的なら、立ち上がる際に腹部に力を入れた拍子になることもあります。
主に太ももや足の付け根、下腹部といった箇所に、ゴルフボールくらいの大きさの膨らみができるのですが、初めは指や手で押し込むことができるものの、時間の経過とともに大きくなったり、元に戻らなくなっていきます。
それだけでなく、徐々に硬くなってしまい、時には便秘や痛み、嘔吐などの症状が出ることあるので、放置したりせず、できるだけ早い段階で治療をするようにしておきたいものです。

スポンサーリンク

新生児や赤ちゃんに対する治療なわけですから、なるべくなら痛みがないようにしてあげたいと考えるのが普通でしょうが、鼠径ヘルニアの場合は、経過観察などをしても、良くなることはまずあり得ないですし、薬で治すこともできません。
そのため、唯一の治療法は手術をすることになるわけですが、最近では技術の進歩が素晴らしく、以前は入院をするのが当たり前だったのに、日帰りも可能な場合が増えているのです。
具体的なやり方は、飛び出している部分を切開して、元の位置に押し戻し、その跡を縫合するというものです。
日帰りなら入院費も必要がないので安く済みますし、良い医師に相談しおけば、再発の心配が少なくなったり、便秘なども解消される、などといったことも十分期待できるので、ご両親としては心配でしょうが、しっかりと専門医と相談しておけば良いです。

スポンサーリンク