鼠径ヘルニア 症状 頻尿

鼠径ヘルニアの症状には頻尿もあるのか

スポンサーリンク

鼠径ヘルニアとは、鼠径部に出るヘルニアのことを言い、一般的には脱腸と言われます。
この鼠径ヘルニアはほとんどは男性がなるものであり、女性がこれになるのはごくわずかです。
そうではあるものの、男性の4人に1人はこれになるとされており、症状としてはお腹周辺に力を入れたときに一部分が出っ張りだして腫れのようになったりし、症状が重くなると痛みを伴うようになったり、力を入れたときに出っ張った腫れのような部分がもとに戻らなくなったりします。
また、他にも症状としては頻尿や残尿感といったものもあり、場合によってはそのような頻尿をはじめとする症状の原因は男性であると前立腺炎であることも少なくはないので注意が必要であると言えます。
特に中年の男性に多い病気であり、腹部周辺の手術を経験したことがある場合は特に注意が必要です。

スポンサーリンク

それでは、鼠径ヘルニアの治療はどのように行われるのでしょうか。
これに関しては手術での治療が一般的です。
そうではあるものの、初期段階で気づくことが出来ている場合は、生活習慣や日常生活を過ごしているうえでの姿勢の悪さなどが原因であることも多く、そのような原因を改善することで自然治癒させることも不可能ではない病気です。
そうではありますが、腹部に力を入れると悪化させてしまうことも多いので、鼠径ヘルニアになっている期間は出来るだけ運動は軽度のもので済ませ、負担を少なくしましょう。
鼠径ヘルニアの予防に関しては、腸周辺の筋力が低下することが原因で起こる病気であるので、しっかり腹筋周辺を鍛えることが大切です。
そうではありますが、その運動が激しすぎると、脱腸してしまう原因にもなりかねないので、ほどほどにしておくことが重要です。

スポンサーリンク