鼠径ヘルニア 症状 初期

鼠径ヘルニアの初期症状や治療法

スポンサーリンク

鼠径ヘルニアとは、本来お腹の中にあるべき腹膜や腸の一部が、鼠径部の筋膜の間の皮膚の下に出てくるという下腹部の病気の事です。
一般的に脱腸と呼ばれています。
しかし、これは40代の成人男性に多く見られており、手術療法による治療が用いられます。
他にも、便秘症である・肥満体型である・前立腺肥大が見られる・咳をよくする・妊婦であるといった人もなりやすいと言われています。
原因としては、鼠径部の筋肉の緩みや外部からの圧力によるものです。
運動不足による筋肉の減少が起こる事で、内側から何らかの圧力がかかり、筋肉の緩んだ部分から腸が飛び出す事で、起こります。
どんなに筋肉質の人であっても、筋肉の隙間は存在するために、誰にでもかかる可能性のある病気です。
初期の軽い症状のものであると、日帰り手術が可能であり、腹微鏡による手術が行われるために体への負担が少ない治療で済みます。

スポンサーリンク

鼠径ヘルニアの初期症状としては、立ち上がった時やお腹に力を入れた時に鼠径部の皮膚の下から、腹膜や腸の一部が柔らかいこぶのようなものとして外部から見えるといった状態になります。
これは指で押さえると引っ込みます。
次第に小腸などの臓器まで出てくるため、不快感や痛みが出てくると言われています。
急に腫れが硬くなったり、指で押さえても引っ込まなくなった場合には、腹痛や嘔吐を起こします。
そのような症状が見られた場合には、早急に医療機関での治療を受ける必要があります。
お腹に急に力を入れない事や、肥満や便秘などになっている人がかかりやすいため、生活習慣の見直しやメタボリック対策を行う事で、鼠径ヘルニアを予防する事が出来ます。
自然治癒が出来ない病気であるため、症状が軽い場合であっても手術による治療を受ける事が大切です。

スポンサーリンク