鼠径ヘルニア 症状 痛み

鼠径ヘルニアの軽度から重度の症状と痛み

スポンサーリンク

鼠径ヘルニアをご存知でしょうか。
鼠径とは太ももの付け根の部分を指し、ヘルニアとは身体のある組織が正しい位置からずれてしまい飛び出してしまうことをいいます。
鼠径部で起こるヘルニアのことを、鼠径ヘルニア、大腿ヘルニアと呼びます。
そして、鼠径ヘルニアの場合には小腸が飛び出すことが多いため、一般的には脱腸と呼ばれています。
幅広い年齢で発症しますが、特に四十代以降の中年以降に多く見られます。
原因は、加齢とともに身体の組織が弱くなることにあります。
子供の場合は、大人と発生原因が異なり、ほとんどが先天性の病気とされています。
一歳未満であれば自然治癒する可能性もありますが、基本的には手術で治すことになります。
そして、大人子供関係なく、鼠径ヘルニアを発症するのはほとんどが男性で、全体の八割以上とされています。

スポンサーリンク

鼠径ヘルニアの症状は、立ったときやお腹に力を入れたときなどに、鼠径部に柔らかい腫れができ、初期の段階や軽度の場合は、痛みや違和感は軽度で、腫れを押すと奥に引っ込みます。
腫れは立っているときに顕著に見られ、横になると膨らまないこともあります。
症状が進行すると、引っ張られるような感じがしたり、腸が出てくる感覚に不快感を感じたり、強い痛みを感じることもあります。
さらに悪化すると、ヘルニアの嵌頓という状態になり、腫れが急に硬くなったり、押しても引っ込まなくなったり、痛みが強くなったり、嘔吐してしまったりします。
このような場合はすぐに手術をしなければなりません。
そうした最悪の状況にならないためには、なるべく早い段階で処置をするのが良いでしょう。
決して患者数が少なくない病気ではありますが、多忙のため少々のことは我慢してしまっていたり、下腹部の疾患なので恥ずかしさを感じる人などが多いのが事実です。
少しでも違和感を覚えたら、すぐに病院を受診しましょう。

スポンサーリンク