鼠径ヘルニア 放置 問題

鼠径ヘルニアを放置すると起こる大きな問題

スポンサーリンク

一般的には脱腸という名前で知られている、鼠径ヘルニアは、年々患者数が増加しています。
子供の場合、先天性疾患であることがほとんどですが、大人の場合は、加齢や仕事が関係しています。
なので、増加している患者のほとんどが中年以降の大人なのです。
加齢によって身体の組織が弱くなってしまうことに加え、現代病とも言われているメタボリックシンドローム、そして、近年増加し続けている前立腺肥大などが要因になっています。
なおかつ、深刻な社会問題にもなっている少子高齢化により、中高年の絶対数が増えていることも患者数が増加している理由です。
鼠径ヘルニアはよくみられる病気で、日本国内では年間十四万人以上の人が治療を受けていると推定されます。
男女比では圧倒的に男性の患者が多く、約八割が男性です。
女性の場合は妊娠中の人によく発症します。

スポンサーリンク

鼠径ヘルニアとは、小腸が鼠径部皮膚下に飛び出すことを言います。
鼠径部とは、太ももの付け根の部分のことで、鼠径ヘルニアではその鼠径部に柔らかいこぶができ、膨らんだ状態になります。
この膨らみの正体は小腸で、そこから脱腸という名前で呼ばれるようになりました。
初期の段階や軽度の場合は、膨らみを手で押し込むことができ、横になると膨らみがなくなることもあります。
痛みや違和感も少ないので、放置してしまう人も多くいます。
しかし、放置することで症状が悪化してしまい、後々大変な問題が生じてしまいます。
症状が進行すると、痛みや違和感は強くなり、吐き気を感じることもあります。
鼠径部の腫れが硬くなり、手で押しても引っ込まなくなります。
このような状態のことを嵌頓と呼びます。
腸が壊死してしまい、腹膜炎を起こし、緊急手術が必要となってしまいます。
鼠径ヘルニアは、なるべく初期の段階で適切な処置をすることで、最悪の事態を回避できます。
少しでも違和感を感じたら、すぐに検査を受けましょう。

スポンサーリンク