鼠径ヘルニア 原因 症状 治療法

鼠径ヘルニアの原因、症状と治療法

スポンサーリンク

あなたは鼠径ヘルニアがどんな病気かご存知ですか?
脱腸とも呼ばれており、本来お腹の中にある腸の一部や腹膜が鼠径部、つまり太ももや足の付け根の部分の筋膜の間から皮膚の下に出てくる疾患です。
初期段階では下腹部に柔らかな腫れが出来ますが、指で押すと引っ込みます。
ですが、徐々に小腸などの臓器が出てくるため、痛みや不快感を伴うようになります。
また、嵌頓(かんとん)になると、腫れている部分が硬くなったり、押しても引っ込まなくなり、吐き気や腹痛を伴うようになります。
嵌頓とは飛び出した腸が筋肉で締め付けられ、血液が行き届かなくなる危険な状態を指します。
この場合、命に関わる状態にもなりやすいため、早急な手術が必要になります。
この鼠径ヘルニアにも種類があり、大きく分けて3つに分かれます。
・外鼠径ヘルニア(脱腸)
幼児や大人が発症する脱腸で、患者数が一番多いのがこの外鼠径ヘルニアです。
鼠径部の外側部分が膨れて、小腸が外に飛び出します。
嵌頓になる可能性が高く、注意が必要です。
・内鼠径ヘルニア
腸が鼠径部の腸壁から押し出されて飛び出すタイプで中高年の男性に多く見られます。
・大腿ヘルニア
鼠径部の下の太ももの部分が膨らみ足の血管の脇へ、はみ出すタイプで出産後の高齢の女性に多く見られます。

最も嵌頓になりやすいヘルニアですので早めの治療が必要になります。

スポンサーリンク

この鼠径ヘルニアになる主な原因は次の通りです。
・生まれつき鼠径ヘルニアである
母体にいる時に既に鼠径ヘルニアを抱えている小児もいます。
・年齢を重ねるにつれ、鼠径ヘルニアになる
加齢により、身体の筋肉が内蔵を支えきれないために起こります。
・生活習慣(仕事や運動など)により鼠径ヘルニアになる
立ち仕事などで身体に負担がかかり、発症します。
・他の疾患が原因で鼠径ヘルニアになる
便秘や喘息、排尿障害などを抱えていると鼠径ヘルニアになりやすいです。
・妊娠が原因で鼠径ヘルニアになる
妊娠は腹圧が高まるため、鼠径ヘルニアになる可能性があります。
鼠径ヘルニアに実際になると、薬や運動療法は特になく、手術以外には治す方法がないのが現状です。
ヘルニアバンドを使用している方もいらっしゃいますが、ヘルニアになった部分を押さえているだけなので治ったことにはなりません。
鼠径ヘルニアは良性の疾患ですが、上にも述べたように放置しておくと嵌頓になる可能性もあります。
ですので、早めに病院にかかり、治療を受けることが何よりも大切です。
このサイトでは、鼠径ヘルニアの原因、症状と治療法について詳しく解説しています。

参考になりますので、ぜひ読み進めてみてくださいね。
どうぞくれぐれもお大事になさってください!

スポンサーリンク